MAGAZINE

2021/03/06 22:06

新作のガラスサイドテーブルが発売されました。


「シンプルでインテリアにとけ込みつつ存在感を示す」そんなバランスを意識してデザインしました。

今回は得意の金属を使ったデザインで、フィリピンの協力工場で製作いたしました。
この工場は世界的にも加工技術が高いことで有名。
アメリカやヨーロッパのラグジュアリーブランドをメインに数多くの商品をつくりだしています。

表面の処理も通常のペイントではなく、エージング加工を施しています。
当初は銀泊を使用したサンプルも作成したのですが、残念ながら耐久面から断念。
イメージを保持したまま職人による高度な塗装表面処理を行い、アンティークシルバー色に塗装しています。

天板のガラスは、空間を広く見せてくれるクリアガラスと、高級感のあるブロンズ色からセレクトできます。


ガラスサイドテーブルの展示品は、アルテジャパン様のショールームでもご確認頂けます。